TOPコラム>岡山空襲を学ぶ4

戦災の傷跡

『被害1:人への被害』

 岡山空襲による被害はどの程度のものだったのでしょう。
 まず人に対する被害から調べてみました。

死亡者数

 死亡者数は岡山市による発表では1,737名とされています。
 ただし、資料によっては最大で2,000人超の死者が出ている可能性も考えられています。
 当時の岡山市の人口は16万4千人なので、市の人口の約1%の方が空襲によって死亡したことになります。

 空襲に使われた爆弾が焼夷弾という、火事を引き起こす種類のものだったため、死者の大半は焼死又は火災による窒息死でした。

負傷者数

 負傷者は6,000人以上とされ、市の人口の3%もの方が負傷された計算になります。
 尚、この負傷者の数は施設などに収容されて治療を受けた数で、自分たちで治療したという人数は含まれていませんので、実際の数はもっと大きなものにだったと予想されます。
 罹災人口はなんと12万人にも及ぶそうです。(参考資料:『岡山県史』)

・ 現在に置き換えてみると…
 2013年5月時点での岡山市の人口は712,496人です。
 単純に割合で計算をしてみると死者数は7,124名、何かしらの施設へ収容された怪我人は21,374人となります。
 昨今では交通事情もいいので郊外に人が集まる傾向もあり、単純にそうなるというわけではありませんが、こうしてみると被害の大きさがわかりやすいように思います。



<<前の記事 TOPへ戻る 次の記事>>

写真:『金刀比羅宮の空襲で傷ついた灯籠』
撮影:岡山の街角から


目 次



 -戻る-



ページトップに戻る