TOP岡山の歴史的建造物>牟佐大塚古墳

こうもり塚古墳

牟佐大塚古墳

詳細

国指定:史跡
形状:円墳
所在地:岡山市北区牟佐
建設:6世紀後半
営業時間:見学は24時間可
入場料:無料

牟佐大塚古墳とは

 岡山市北区の住宅地の中に牟佐大塚古墳という古墳があります。
 6世紀後半に建造されたと考えられており、国の史跡に指定されています。

 埋葬されているのは、吉備国の有力豪族であった上道氏か、国造などの有力者であると考えられています。

 墳丘は道路の整備などで多少削られており、現在は直径30mほどですが、元々は40mほどあったと考えられています。
 それに対して石室は全長18mもあり、その規模から吉備地方の三大巨石墳の一つにも数えられています。

 尚、駐車場は整備されていないので見学しに行く際は注意しましょう。

ヒカリモ

 牟佐大塚古墳の石室ではヒカリモが見られることが知られています。

 ヒカリモは洞窟などに生息する黄色い単細胞生物です。
 光を反射させる為、まるで藻が黄金色に光っているように見えます。

 初夏~秋頃まで見られるそうです。
 見学の際には踏まないように気をつけましょう。


 -戻る-

関連リンク


写真提供:岡山県

ページトップに戻る