TOP岡山の歴史的建造物>旧・吹屋小学校

吹屋小学校

旧・吹屋小学校

詳細

所在地:高梁市成羽町吹屋
県指定・重要文化財
建設:西校舎・東校舎・1900年
   本館:1909年
校舎としての期間:1909~2012年3月
見学:2020年4月まで工事中
・今後、資料館などとして活用予定
関連リンク吹屋の地名の由来

旧吹屋小学校とは


 高梁市成羽町吹屋にある吹屋小学校2012年の廃校まで、日本最古の現役木造校舎として知られていました。

 吹屋は日本三大銅山に数えられ、更にベンガラの日本唯一の産地として非常に賑わった時代がありました。
 吹屋小学校の校舎も山中にある学校ではありながら、豪勢で多くの児童を収容を出来る作りの校舎です。
 木材も立派な物が用いられており、当時の吹屋の財政状況の良さが伺えます。

 100年以上も現役で使われ続けてきたので、名前も吹屋尋常高等小学校吹屋国民学校、そして吹屋小学校といった変遷を経ています。

観光資源としての校舎


 内部の公開が不定期ながら行われるようになったのは廃校となって以降です。
 しかし現役の校舎だった頃から、ベンガラなどで栄えた昔ながらの風景を保つ「吹屋ふるさと村」の中心的な施設として人気を博していました。
 夜間にはライトアップも行われ、多くの人々の目を楽しませています。
 
 小学校の隣には中学校の跡地に建てられた『和味の宿 ラ・フォーレ吹屋』という宿泊施設があります。
 小学校の外観をモチーフに建てられた趣のある建物で、一部には先に廃校になった中学校の校舎の材料が流用されています。
※現在、吹屋小学校の校舎は保存修理工事が行われており、外観、内部共に見学不可になっていますのでご注意下さい。

マップ



 -戻る-

関連リンク


写真:旧吹屋小学校の外観
写真提供:岡山県

ページトップに戻る