TOPコラム岡山の著名人>浦の男

浦の男

『浦の男』

解説

 かつて倉敷市で源氏と平家が戦った藤戸合戦と呼ばれる戦いが起こりました。

 この時に期せず戦の重要人物となってしまった地元の住民がいます。
 それが【浦の男】です。

 源氏の勢力は船がない為に、対岸にいる平家に攻め込めずに手をこまねいていました。
 平家はそんな源氏を挑発すらする状況でした。

 この状況で現れたのが浦の男です。
 地元の漁師だったとされる彼は、源氏の武将に対して馬で対岸まで渡っていくことの出来る浅瀬の存在を教えたのです。
 武将はその浅瀬を確認すると、なんと馬で渡れる浅瀬の機密情報を守るために、情報を提供してきた男を殺してしまいました。

 この殺された男の名前は伝わっておらず、一般には浦の男と呼ばれています。
 尚、戦の後にこの男の供養の為に藤戸寺で法要が営まれており、その際に出されたお菓子が現在の藤戸饅頭の起源とされています。



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る