TOPコラム岡山で起こった事>7.16世紀の県民性

ヌートリア

『16世紀の県民性!?』

16世紀の岡山県民!?

 都道府県ごとの人の性格などを表現する【県民性】は根強い人気を誇っています。
 様々な歴史や気候などで決まるもので、都道府県が出来る以前はお国柄と呼ばれて、どうようの考え方は古くからあったようです。

 古い時代の有名な書物として人国記があります。
 16世紀頃に書かれたと考えられているもので、この本の中にはかつての律令国の人々の風俗などについて…言わば県民性が記されています。

 この中に登場する現在の岡山県は下記の3つの国として登場します。
 大体をまとめるとこのような感じです。

備前国何事も理論で進めようとする
備中国意地が強く、自分の考えを曲げない
美作国自分は人より勝っていると考えている
 
 うわぁ……。
 

日本一!? 岡山とヌートリア

 16世紀の岡山県民って嫌な奴!?と思った方は、どうぞご安心下さい。
 人国記はなかなか辛辣な表現が多いことで知られています。
 岡山に限らず、非常に悪く言われている地域が満載です。

 もちろんそれに似たような面はあったのでしょうが、多少強めの表現で書かれている可能性も考えられます。

 それに16世紀とずいぶんと前のことなので、お読みの方も余りお気を悪くなさらず。


<<前のページへ  目次へ戻る  次のページへ>>


関連リンク

画像:『日本』





 -戻る-



ページトップに戻る