TOPコラム岡山で起こった事>2.友情の水

玉野・直島 友情の水

『玉野・直島 友情の水』

玉野市と直島町

 岡山県の南部にある玉野市は、香川県の島々と交流の多い市です。
 その一つに玉野市から約3km沖に浮かぶ離島の直島町があります。
 香川県では唯一山陽新聞が入るエリアで、配布される山陽新聞の玉野圏版では、玉野市のローカルニュースと並んで直島町のニュースも扱われています。

 フェリーで片道約20分で行き来できる玉野市は、属する香川県の高松市よりも近く、フェリーの便数もあります。
 その為、日常の買い物などの為に向かうのは玉野市です。

 この二つの市町の間には、距離以上に深い関係のある【友情の水】が通っています。
 

友情の水とは

 1971年、西日本では雨の少ない状態が続いていました。
 直島町でも状況は酷く、町民を支える直島ダムの水も心もとない状態に陥りました。

 その際に手を差し伸べたのが玉野市でした。
 1972年に岡山・香川の県境を超えた給水船を出したのです。

 更に1973年には海底導水管を作り、玉野市から直島へ向けての水の供給が行われるようになりました。
 この事業は友情の水と呼ばれています。


<<前のページへ  目次へ戻る  次のページへ>>


関連リンク

画像:『水のイメージ画像』





 -戻る-



ページトップに戻る