TOPコラム岡山で起こった事>1.燃えろ岡山県民運動

真備の燃えろ岡山

『燃えろ岡山県民運動とは!?』

燃えない県民性

 岡山県民は何事にもクールで、熱くなれない県民性だと言われています。
 そこで岡山県が打ち出した県民運動が【燃えろ岡山県民運動】です。

 市町村ごとにスローガンを決め、盛り上がろう!という運動でした。
 上の写真は真備町で、「燃えろ岡山 すくすく真備町」というスローガンを掲げていました。
 県内各地にこのようなスローガンを記した看板を設置しました。

 運動としてはとても面白い県民運動ですが、「燃えろ岡山」という過激なキャッチコピーに当惑したのが消防署でした。
 仕方なく「燃えろ岡山 燃やすな郷土」という幕を掲げてお茶を濁した消防署もあったそうです。
 

運動のその後

 市町村で取り組んだ燃えろ岡山県民運動。
 運動が始まったのが1985年の事ですが、その頃の岡山県は財政が非常に悪くなっている時期でした。

 県民が熱く燃え上がる前に、県が真っ先に(財政的な意味で)燃え上がってしまい、運動自体もいつの間にか収束してしまいました。
 しかし先の写真のようなスローガンを掲げた看板は長く残されており、現在でも確認できる物もあるそうです。


TOPへ戻る  次のページへ>>


関連リンク

画像:『燃えろ岡山県民運動』
写真提供:プランク様





 -戻る-



ページトップに戻る