TOPコラム岡山で起こった事>3.岡山の二度泣き

泣いている人

『岡山の二度泣き』

岡山の二度泣きとは

 岡山二度泣きという表現をご存知でしょうか?
 これは札幌の二度泣きという表現に対して生まれた言葉です。
 
 札幌の二度泣きはよそから札幌へ転勤で訪れた人の心境を表しています。
 最初は雪国である札幌への転勤が嫌で泣きますが、札幌の人の優しさに触れる内に、再び転勤になる頃には札幌から離れるのが泣くそうです。

 これに対して岡山の二度泣きは皮肉の意味が込められた表現です。
 岡山県民はよそ者に冷たい県民性があるとされ、まず移住した際にはその冷たさに泣きます。
 札幌の場合はこの後で札幌の素晴らしさに触れて去る事が寂しくて泣く…のですが、岡山の二度泣きの場合は、出ていける事が嬉しくて二度目の涙を流すのだそうです。

 岡山県の皆さん、よそから移住してきた方には優しくしましょうね。
 是非、涙の意味を変えていきましょう。
 

各地に二度泣き?

 実はこの【○○の二度泣き】という表現は岡山以外でも存在するそうです。
 同じような意味合いの【○○の三度泣き】というバリエーションの場合もあります。

 それぞれの地域性などに合わせて内容が変えられるそうです。
 興味がある方は、調べてみて下さいね。
<<前のページへ  目次へ戻る  次のページへ>>


関連リンク

画像:『泣く人』





 -戻る-



ページトップに戻る