TOPコラム岡山で起こった事>17.邪馬台国・吉備説

卑弥呼

『卑弥呼の墓も! 邪馬台国・吉備説』

邪馬台国・吉備説

 かつて存在した邪馬台国の所在は邪馬台国論争などと呼ばれ、現在でもその場所についての議論が活発に交わされています。

 現在、有力説として知られるのは畿内説と九州説です。
 邪馬台国の場所についての書籍などを読むと、この二つのどちらかという論調のものが大半だと思いますが、実はこの二説以外の説も存在します。

 その内の一つに、岡山県を邪馬台国のあった場所とする吉備説も存在します。

詳細など

 邪馬台国の吉備説の中では、岡山に伝わる温羅伝説が邪馬台国と狗奴国との争いについて記しているのではないか考えられています。

 その他にも遺構として楯築遺跡は卑弥呼が祭事を行った場所とする他、卑弥呼の墓と推定される場所も存在しています。
 それが倉敷市矢部にある鯉喰神社です。
 実は神社は墳丘墓の上に建てられており、卑弥呼の時代では最も大きなものになります。
 この事から、もしも邪馬台国が吉備国にあったとすれば、卑弥呼の墓はそれで間違いないだろうと考えられているのです。



<<前のページへ
  目次へ戻る  次のページへ>>


関連リンク

画像:『卑弥呼』(イラストAC)





 -戻る-



ページトップに戻る