TOPコラム岡山で起こった事>12.吉備日日新聞

西洋料理を食べる男性

『打倒・山陽新聞! 吉備日日新聞』

打倒山陽新聞! 吉備日日新聞


 かつて岡山県で吉備日日新聞という新聞が発行されていました。
 この新聞はなんと県令(現在の県知事)が、現在の山陽新聞社を弾圧する目的で発行させた新聞です。

 当時の県令だった高崎五六は、新聞を県の機関紙代わりに利用しようと考えていました。
 しかしにそういった要望を山陽新報(※現・山陽新聞)が拒否したため、様々な形での弾圧を行いました。
 吉備日日新聞もその弾圧の目的で作られました。

 県の職員に購読を強制させるなど強硬手段に出た為に、山陽新報は大打撃を受けました。

勝負の行方


 県令という協力なバックを持った吉備日日新聞は次々に躍進し、山陽新報はなんと部数が80部という壊滅的な数字にまで落ち込みました。

 しかしこの勝負は仕掛けた高崎五六自身の転任によって終結します。
 転任で吉備日日新聞を購読するように求める圧力がなくなり、山陽新報の発行部数は徐々に回復していきました。

 逆に後ろ盾を無くした吉備日日新聞は、高崎五六の転任から約2年程度で廃刊になっています。



<<前のページへ  目次へ戻る  次のページへ>>


関連リンク

画像:『新聞』





 -戻る-



ページトップに戻る