TOP岡山の食べ物郷土料理編 > よるぜん焼そば

  よるぜん焼そば

よるぜん焼そば

岡山とよるぜん焼そば

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
・よるぜん焼そば
♪ 起源
昔からあったひるぜん焼きそばを、『お酒に合う大人味』のコンセプトで味付けし直したものです。♪ 特記事項
別のバリエーションとして、あさぜん焼そばもあります。

よるぜん焼そばとは

 津山のホルモンうどんに並んで、B級グルメブームで全国的な知名度を勝ち得たのが、ひるぜん焼きそば
 蒜山にあったお店で作られた独自の甘辛いタレと鳥のかしわ肉を用いた焼きそばです。

 このひるぜん焼そばのバリエーションの一つとして開発されたのが、よるぜん焼そばです。

 ひる(昼)ぜんとよる(夜)ぜんをかけたネーミングですが、お酒と一緒に賞味するのに適した大人の味を目指して開発されたメニューです。
 胡椒やニラを使うことで、ひるぜん焼そばとは異なる辛味を演出し、肉も鶏の心臓・ハラミなどの内臓を用いた、お酒のお供になりやすい食材を使っています。
 ちなみに提供されるのも夕方以降で、店舗ごとに辛味の出し方が異なるようなので、お気に入りの味を探してみるのもご一興です♪

あさぜん焼そばも

 ところで昼、夜と来て『』もあります。
 同じくB級グルメの人気メニューである横手やきそばとコラボレーションをした『あさぜん焼きそば』です。

 横手焼きそばと同様の調理法で作られた目玉焼きを載せられたインパクトのあるメニューです。

横手やきそばちなみに横手焼きそばとは、左の画像のような焼きそばです。
日本三大焼きそばの一つにも数えられる人気メニューで、戦後間もない時期から開発されていたという歴史のある焼きそばです。


 -戻る-


写真:よるぜん焼そば
写真提供:岡山県観光連盟

ページトップに戻る