TOP岡山の食べ物郷土料理編 > ひるぜん焼そば


ひるぜん焼そば

岡山とひるぜん焼そば

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
・ひるぜん焼そば
♪ 起源
ますや食堂で作られたタレがひるぜん焼きそばの起源です。
(※蒜山にあった食堂で、現在は閉店)

♪ 特記事項
2011年度第6回B-1グランプリ・ゴールドグランプリ獲得

蒜山焼そばとは

 津山のホルモンうどんに並んで、B級グルメブームで全国的な知名度を勝ち得たのが、この『ひるぜん焼そば』です。
 ホルモンうどんも古くから親しまれてきた味ですが、このひるぜん焼きそばも古くから親しまれてきた歴史のある郷土料理です。

 味噌を使った甘辛いタレと、鶏のかしわ肉を使っているのが特徴です。

歴史

 蒜山焼そばの起源はハッキリしており、起源は『ますや食堂』というお店で出された焼きそばから生まれました。

 現在、このますや食堂は閉店してしまっているのですが、この味に魅せられた焼肉屋の『いち福』がタレの作り方などを引き継いで、昔ながらのひるぜん焼きそばの味を現在に伝えています。

 現在では『ひるぜん焼そば好いとん会』という研究会まで立ち上げられており、伝統の継承や普及、そして更なる味の研究が進められています。
 そしてお酒と食べるのに適した辛味のある『よるぜん焼きそば』や、目玉焼きを乗せた『あさぜん焼きそば』といったバリエーションも登場してきています。


 -戻る-

関連リンク


写真:ひるぜん焼そば

ページトップに戻る