TOPコラムコラム・岡山の事件簿>13.トーヨーストアの倒産劇

『トーヨーストアの倒産劇』

トーヨーストアとは

 かつて、岡山市を中心に展開するトーヨーストアというスーパーマーケットのチェーン店がありました。
 2003年に倒産した会社ですが、当時を知る人なら24時間テレビのチャリティセールが行われていたお店として記憶している方もいるかもしれません。

 トーヨーストアは1971年に設立されました。
 本社を構える岡山市を中心に、倉敷市や玉野市にも店舗を展開する、県内では中堅どころのチェーン店でした。

 主要株主には天満屋ストアが名を連ね、厳しい競争の時代にも負けず運営されているものと思われていましたが、2003年8月31日、突然倒産してしまいました

突然の倒産劇

 店舗を閉める、倒産するとなれば事前に様々な方面に話しをして、予め混乱が起こらないように調整しておく事は当然ですが、何とトーヨーストアの倒産は、従業員さえも知らないまま起こりました

 倒産はごく一部の幹部のみが把握しているだけで、一般の従業員は何も知らないまま出勤し、そこで初めて倒産を知らされて愕然とする…そんな状態だったそうです。

 それは商品の納入をしていた取引先も同様で、状況の確認や、納品した商品を回収する為に押しかけるなど、大きな混乱を生じていました。

その後

 トーヨーストアは再建されることなく、30年を超える歴史に幕を下ろしました。
 お店が倒産した後に、特売などを知らせるチラシが入ったり、その歴史の終焉は混乱にまみれたものになってしまいました。

 突然の倒産劇は、世の中にままある事ですが、ここまで唐突で、一体いつ倒産が決まったのだろうと首を捻りたくなるような倒産も珍しいものだと思うのです。

<<前のページへ TOPへ戻る 次のページへ>>


画像:トーヨーストアの本部だった建物
写真:Googleマップ


 -戻る-



ページトップに戻る