TOP備中県民局エリアの地名の由来>浅口市金光町占見

地名の由来:金光町占見

占見の地名の由来

 浅口市金光地域にある占見の地名は、古くは海が入り込んできていた地域だったことから浦が近い地域と言う意味で『浦見』が転じたものと考えられています。
 現在は海岸からは離れた内陸部ですが、地名に昔の風景が残されているのです。

 干拓地には、かつて海辺だった事や、倉敷に散見されるように元々は島だったのが陸地化した事を伝えるような地名が数多く残されています。
 不思議に思うような地名を見つけたら、ぜひ調べて見てはいかがでしょうか。

 尚、占見は属していた金光町が合併で浅口市となる際に住所表記内に旧町名を残すために、町名を冠して【金光町占見】へと変更されました。
 

異説・安倍晴明?

 しかし、占見の地名には面白い異説があります。

 浅口市周辺には陰陽師の『安倍晴明』が住んでいたという伝説があります。
 周辺は現在でも展望台があるように、天体観測に非常に適した地域です。
 安倍晴明も星を見る為にこの地を訪れ、居住していたと伝えられており、現在でも阿部山や阿部神社といった安倍晴明に由来する名称を見る事が出来ます。

 そうした事から天文道を学び、占いの名手とされた安倍晴明由来が星を見た地と言う意味を込めて『占見』としたという説もあるのです。

 もし前者の由来が正しいとしても、浦見という地名が占見に転じたのが転じたのは、こうした伝説が関係しているのかもしれませんね。



 -戻る-


写真:占見の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る