TOP備中県民局エリアの地名の由来>浅口市・金光地域

 

地名の由来:浅口市・金光地域

金光の地名の由来

 浅口市金光地域は日本三大新宗教の一つとして名前を挙げられる、教派神道の『金光教』の本部が置かれている地域として広く知られています。
 そして地名の由来も、金光教の本部がある事です。

 金光教がこの地に本部が置かれているのは、金光教の教祖である川手文治郎(後の金光大神)が、旧浅口郡占見村(後に周辺二村と合併し、金光町の前身である三和村となります)の生まれであったためです。

 金光教の名称の由来は天地金乃神から川手文治郎へ与えた神号の『生神金光大神』で、世界中へ金乃神の光を光らせておかげを受けさせるという意味合いがあるそうです。

金光駅と地名

 金光町にある駅は『金光駅』です。
 駅名はその地域や住所表記の名前から採られる事が多いのですが、金光駅が出来た当時の金光町は『三和村』でした。
 実は駅の方が先に金光教の名称を採用していたのです。

 金光町となったのは、駅名から遅れること数年、三和村が町制を施行した際の事でした。
 三和村が町になる際に名称を金光町に変更したのです。

 周辺は植木の産地としても知られ、浅口植木祭では自慢の植木の展示や販売も行われて県内外から愛好家が集まります。

 -戻る-

関連リンク


写真:金光駅
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る