TOP備中県民局エリアの地名の由来>新見市上熊谷、下熊谷

地名の由来:上熊谷、下熊谷

地名の由来

 新見市上熊谷、下熊谷の地名は熊谷四郎という武将の名前に由来しています。
 熊谷四郎は源平合戦の『藤戸の戦い』の有名なエピソードの主要人物の一人です。

 船を持たなかった源氏へ対する海を挟んでの平 行盛さんの挑発に怒った佐々木盛綱が、馬に乗った状態で海を渡り、奇襲を仕掛けという話の中で、佐々木盛綱と共に海を渡って行った猛者なのです。

 藤戸の戦いでの戦功を認められた熊谷四郎は、現在の新見市周辺の地頭に任命され、その事から、熊谷という地名が生まれたのだそうです。

 それが上下に別れ、現在のような地名になったのです。

源平合戦と地名

 合戦の舞台となった倉敷市周辺には源平合戦に由来する地名が多く残されています。

 佐々木盛綱が鞭を地に挿したのが木になった鞭木、軍事上の秘密を知っているが故に殺された地元住民、通称・浦の男の腸が流れ着いたとされる腸川、その母の恨みの地、笹無山などです。

 佐々木盛綱自身も盛綱という橋の名前に名前が残されています。
 しかし合戦の場から離れた新見市にも、少し遠いとは言えど、そのゆかりの地名があるというのは面白いものですね。



 -戻る-

関連リンク


写真:上熊谷の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る