TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市・鞭木

 

地名の由来:鞭木

源平合戦の舞台

 倉敷市の藤戸町地域は源平合戦の舞台の一つでした。
 佐々木三郎盛綱という武将が干潮になると馬が通れる程度の浅瀬が出来る事を利用して、海を渡って奇襲をかけるという奇想天外な方法で平氏の陣地へと攻め込みました。

 この出来事は当時の人々にとっても衝撃的な方法だったのか、辺りには佐々木盛綱さんに由来する地名が幾つか伝わってます。

鞭木の地名の由来

 倉敷市粒江の辺りに残る鞭木という地名もその中の一つです。

 海を渡る途中に休憩を取った際に持っていた鞭を浅瀬になっていた場所へ挿しました。
 鞭をそのまま残してしまったのですが、やがてその鞭が芽吹いて木になったそうです。

 …随分と新鮮な木を鞭に使っていたのでしょうねなんていう、野暮なツッコミや、その後の行程で鞭がなくて困らなかったの?とか、ごもっともなツッコミはご容赦下さい。

 ちなみに鞭から芽吹いたのは、鞭に使っていたクマヤナギでしたが、後に枯れてしまい、ムクノキとエノキが生え、それらが枯れた際にはそれを材料に佐々木盛綱さんの木像が作られました。
 源平合戦で亡くなった方の供養をしている『藤戸寺』の寺宝として、現在も保管されています。



 -戻る-

関連リンク


写真:盛綱橋の、佐々木盛綱の像
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る