TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市・笹無山

地名の由来:笹無山

 源平合戦と藤戸町の地名

 倉敷市藤戸町の地域は源平合戦が行われた場所のひとつです。
 佐々木三郎盛綱という武将が干潮になると現れる、馬が通れる程度の浅瀬を利用して、海を渡るという奇想天外な方法で平氏の陣地へと攻め込みました。

 この奇想天外な攻撃は当時の人々にとっても衝撃的な方法だったのか、辺りには佐々木盛綱に由来する地名が幾つも伝わってます。

地名の由来

 天城の『笹無山』バス停の近く、住宅が立ち並ぶ中に笹無山の地名を書いた看板があります。
 山と言っても、看板の直ぐ側にあるのは小さな丘のみ。
 それが笹無山です。

 前述の浅瀬を通った海の攻略法を教えたのは、地元で漁業に従事する男でした。
 佐々木盛綱さんは助言によって平家攻略の準備を整えることが出来ましたが、それが平家側へ漏れてしまう事を恐れ、男を殺害してしまったのです。

 その事実を知った男の母親は悲しみと恨みの余り、佐々木と名前の似ている『笹』まで憎いと、笹無山に茂っていた笹を全てちぎってしまい、後に笹が生えてくる事はなくなったそうです。
 その事からこの場所を笹無山と呼ぶようになったのだとか。

現在の様子

 ちなみに現在ではきちんと笹が茂っています

 佐々木盛綱さんはこの地で挙げた戦功により、児島一帯を領地とされました。
 その際に、男の母親ともきちんと話をし、供養のために法要を行ったとも伝えられています。

 子供をきちんと弔ってくれたという事で、お母さんの恨みも収まったのかもしれませんね。




 -戻る-


写真:藤戸町にある佐々木盛綱の像
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る