TOP岡山の歴史的建造物>和気町ふる里会館

和気町ふる里会館(旧山田村役場)

詳細

和気町ふる里会館
所在地:和気郡和気町岩戸725-1
営業時間:9:00~17:00(年末年始は休館)
建造:1932年
国指定:登録有形文化財
駐車場:有り

旧山田村役場

 和気町岩戸に和気町ふる里会館と呼ばれる建物があります。

 住宅が立ち並ぶ中に、一軒だけレトロな佇まいの建物なので非常に目立ちます。
 この建物は1932年に当時存在した山田村の村役場として建築されました。

 1955年に山田村が周辺の村と合併して佐伯町(2006年に合併により新・和気町へ)になるまで使用されていました。

 コンクリート造の建物としては初期の作品で、1997年には国の登録有形文化財に指定されています。
 

建物の概要

 建物は前述の通り、最初は山田村の村役場として利用されていました。

 佐伯町発足後は農協の建物として利用されてきました。
 近くにある天神山城跡が県の史跡に指定された際に、城址の出土品や、かつて使用されていた農具などの民俗資料を展示する為のスペースとして、農協から当時の佐伯町に譲渡されました。

 それ以降はふる里会館として、無料で一般公開されています。

マップ



 -戻る-

関連リンク


写真:ふる里会館
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る