TOPコラム岡山で起こった事>14.岡山初の号外

号外

『岡山で初めて出た号外は?』

岡山初の号外

 大きな事件や、著名人の慶弔事などの際に配られる新聞の号外。
 岡山県で初めて出た号外は何だったのでしょう?

 現在、確認できる最古のものは甲申政変の事後処理である、天津条約が締結された事を知らせる内容のものです。
 1885年の事で、出したのは現在の山陽新聞の前身の一つである山陽新報です。

 この号外以降、岡山ではポロポロと号外が出るようになります。
 号外という文化が岡山に根付いてきたという見方も可能ですが、新聞社の経営が安定してきて号外を出す余裕が出てきたとする意見もあるそうです。

幻の第一号?

 郷土史研究家の岡 長平さんの著書『岡山盛衰記』には、これとは別に第一号とされる号外の記事について掲載されています。

 天津条約の1年前、甲申政変が発生した際に出ていたとするものです。
 これが事実なら、岡山の号外第一号はこちらということになりますが、残念ながら詳細な資料が残されていないそうです。

 なので確認できる第一号としては、天津条約の締結についてという事になりそうです。



<<前のページへ
  目次へ戻る  次のページへ>>


関連リンク

画像:『号外』





 -戻る-



ページトップに戻る