TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区建部町福渡

 

地名の由来:建部町福渡

ここが思案の福渡

 岡山市北区建部町福渡は『行こうか岡山、戻ろうか津山 ここが思案の福渡という文句で知られる、備前と美作の国境となる地域です。

 かつては渡し舟の発着場があり、交通の要所としても賑わっていました。
 このまま岡山まで行ってしまうか、それとも津山に戻ろうか。…実際に、そんな風に思案にくれた人が少なくなかったから、こんなフレーズが生まれたのでしょう。

地名の由来

 福渡は元々、渡し船が通るのが深い淵になっている場所だった事から『深渡し』という地名で呼ばれていました。
 後に漢字が縁起のいい福の字へ転じて、福渡となりました。

 ちなみに『渡し』が『渡り』に変化したのには、理由があります。
 元々の読み方のままで『福渡し』としてしまうと、福を渡してしまうように聞こえて縁起が悪いということで、フクワタリとなったのだそうです。
 そして2007年に福渡のあった建部町が岡山市へ編入合併する事になり、建部の地名を残すために、【建部町福渡】と表記されるようになりました。

火薬爆発事件

 戦後間もないころ、福渡で大量の火薬が爆発する事件がありました。

 旧日本軍の残した火薬が、適切な管理をされないまま屋外に出されていたのです。
 そこへ近所の子供が近くで火遊びをした為、引火して大爆発を起こしました。

 福渡全戸のガラスが砕け散る程の衝撃で、津山市や岡山市街地でもその音が聞こえるほどだったそうです。

 事故を引き起こしたとされる子供は爆発の衝撃で行方不明になっており、火薬を管理する責任者はその日の内に自害して知ったそうです。


 -戻る-

関連リンク


写真:福渡周辺
写真:Googleマップ

ページトップに戻る