TOP備中県民局エリアの地名の由来>浅口市・地頭上、地頭下

地名の由来:鴨方町地頭上、金光町地頭下

2つの地頭地名

 浅口市には2つの地頭がつく地名があります。
 一つは鴨方町地頭上金光町地頭下です。

 この2つの地区はかつては津田庄という一つの地域でした。
 後の時代に2つの村に分かれた時に、地頭上と地頭下になっています。
 現在、2つの間にある益坂は地頭上の枝村でした。

 その後も別々の自治体として発展してきましたが、2006年の鴨方町、金光町、寄島町の合併で浅口市となり、再び同じ自治体になりました。

地名の由来

 地名はこの地に鎌倉幕府の地頭の住居があったことに由来します。
 地頭に由来する地名は県内で他にもあります。

 住所表記になる地名では、高梁市の川上町地頭、総社市の地頭片山があります。
 前者は地頭職が置かれていたことに、後者は住居があったことに由来しています。

 地頭は税金の徴収や治安維持などを職務としていましたが、当時の人々への影響力の強さが伺えます。


 -戻る-

関連リンク


写真:鴨方IC
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る