TOP岡山の歴史的建造物>福山城(備中国)

福山城址

備中福山城

詳細

国指定:史跡
所在地:総社市清音三因
建設:1335年
営業時間:24時間見学可
(※ただし山の中で、街灯も無いので日中が推奨)
入場料:無料
■ 関連リンク:備中福山城址を歩く

岡山の福山城

 岡山には松山城もあれば福山城もあります
 …冗談ではありません。

 松山城は現存天主を持つ山城として有名ですね。
 一方の福山城は城跡に余り遺構が無い事や、城としては実質1年程度で廃城となってしまった経緯もあり、知名度では少し落ちるようです。

 岡山の松山城が備中松山城と呼ばれるのと同様に、広島県にある福山城と分ける為に、備中福山城の名称で知られる山城です。

歴史

 備中福山城は荘 兼祐という人物が、福山寺という寺を改造して作った城です。
 後に足利軍が大軍勢を引き連れて東上しようするのを阻止せんと、大井田氏経が福山城を手に入れました。

 そして僅か1,500人程度とされる軍勢で、足利軍の20万人の軍を迎え撃ちました
 多勢に無勢な状況であった為、福山城は落とされ、大井田氏経も勝利を掴む事は出来ませんでした。
 しかしその際の戦いは凄まじいもので、3日間にわたる戦いで大井田氏経の軍勢も百騎程度まで減らされて敗走する事になりますが、対する足利軍も2万人近くの死傷者を出したと伝えられています。

現在の様子・遺構

 そのような激しい合戦の後ですが、現在は登山道として整備されており、城址の辺りは休憩場所として賑わっています。

 城跡を思わせるような遺構は門の跡井戸の跡、そして寺院だった名残が僅かに残されている程度で、やけに沢山立ち並ぶ慰霊碑などが無ければ、かつてそのような激しい合戦があったとは思えない、のどかな景勝地となっています。


 -戻る-


写真撮影:岡山の街角から(記念碑)

ページトップに戻る