TOP岡山の歴史的建造物>松山城(備中国)

松山城と雲海

備中松山城

詳細

国指定:重要文化財、史跡
別名:備中松山城
所在地:高梁市内山下1
建設:1240年
営業時間:4~9月9:00~17:30、10~3月は16:30まで
入場料:大人:300円(15歳以上)小中学生:150円

岡山にもあった!?松山城

 松山城といえば愛媛県のお城が真っ先に思い浮かぶという方も多いように思いますが、岡山県にも松山城があります。
 そして愛媛の松山城にも負けじと、なかなか立派なお城です。

 まず、天守閣が現役当時のまま現存する【現存天守】を持つ数少ない城の一つで、更にその中では唯一の山城が高梁市にある松山城です。
 その立地から『天空の』の異名でも知られています。

 通常は伊予国、現在の愛媛県にある松山城と区別するためにかつての国名をつけて『備中松山城』と呼ばれています。
 天守閣は見学が可能で、中にはお城に関する資料が展示されています。
 

城の概要

 備中松山城は戦乱の時に築城された影響を色濃く残す城です。

 所在地の臥牛山を山全体が要塞化された戦略的な城で、天守閣はその頂上付近の標高430mという場所に築かれています。

 現在でもその工夫が数多く残されており、勢いを削ぐ為に道に対して急角度に設置された大手門(跡)、武者窓などが見られます。

 しかし、その立地は戦いの面では優れていたものの、険しい山を登って通うのにはしんどいと思われたのか、江戸時代には山の麓へ普段の仕事をこなす為の場所(御根小屋)が別に建てられ、実質的にそちらが城のような役割をこなしてきました。

天守閣が残された理由

 明治時代に廃城令が出された際に、備中松山城は残念ながら建物を棄却するように命じられました…が、実は先述の御根小屋のみ撤去され天守閣はそのまま放置されました。

 天守閣が残された理由として、山が険しくて撤去作業が面倒だった為という逸話も残っています。

 改修工事の機運が高まるまで、長年に亘って天守閣は放置されていました。
 一時は城を訪れた詩人の与謝野晶子に傷ましき城と詠まれる程に荒廃していましたが、現在は大幅な改修工事が行われており、小柄ながらも優美な往年の姿が復元されています。

大石内蔵助の逸話

 城主だった水谷家が家督を継ぐ子が途切れてしまった為に改易になった際、後に自らも忠臣蔵事件で改易の憂き目に遭う事となる浅野家の大石内蔵助さんが改易後の事務手続きの為に訪れたというエピソードがあります。
 その後、暫くの間は滞在していったそうです。

 場内に用意されている動画コーナーでは、大石内蔵助が松山城の家老・鶴見内蔵助と城の明け渡しについて会談する【二人内蔵助】が上映されています。

コラムページにて、備中松山城を訪問した際の記録を紹介しています。


 -戻る-


写真提供:岡山県観光連盟

ページトップに戻る