TOP岡山の食べ物郷土料理編 > デミカツ丼

うまそう!デミカツ丼

デミグラスソース・カツ丼

岡山とばら寿司

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
・デミカツ丼、ドミカツ丼
♪ 由来
味司野村で考案されたメニュー

デミカツ丼とは

 カツ丼では郷土料理と言うには少し風情が足りないでしょうか?
 でも岡山市のカツ丼は一味違うんです!
 何が違うって…掛かっているのが卵じゃなくてデミグラスソースなのです。

 岡山市でも中心部で伝統的に食べられてきたカツ丼で、ご飯にデミグラスソースをかけ、その上に千切りのキャベツとトンカツを乗せて完成です。

 デミグラスソースのカツ丼…、略してデミカツ丼です。

岡山市の郷土料理

 デミカツ丼が食べられるのは主に岡山市街地周辺です。

 デミカツ丼を扱うお店において、メニューに当然のように載っているカツ丼は、卵とじのカツ丼ではなくデミカツ丼という場合があるくらい、岡山市ではよく知られた調理法なのです。
 岡山に住んでいると当たり前にあるメニューで、逆に県外で殆ど見られないという事を知らない人がいるくらい庶民の味になっています。

 岡山観光で食べる郷土料理といえば、ばら寿司が人気ですが、庶民の味であるデミカツ丼もぜひ、召し上がって見て下さい。

起源

 起源は現在も岡山市にある味司野村(アジツカサノムラ)さんというお店が作り始めたもので、それが好評で周辺のお店にまで広まっていったそうです。

 市街地を走る路面電車ではこんなアナウンスが流れます。
 『お父さんも食べた、お母さんも食べた。 野村のカツ丼
 1931年に創業した時から提供されているメニューだけに、親子代々食べ続けている…そんな郷土料理なんですね。



 -戻る-


写真:デミカツ丼
写真提供:岡山県観光連盟

ページトップに戻る