TOP岡山の食べ物果物王国岡山編 > 愛宕梨

愛宕梨

愛宕梨

岡山と愛宕梨

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
貯蔵梨
※日持ちがする事から

♪ 全国シェア
1位(全国シェア45%)

愛宕梨とは?

 一つの大きさが1kg以上、本当に大きなものになると3kgもある巨大な愛宕梨も岡山名産の果物の一つです。
 そもそもは東京にある愛宕山付近で育てられていました
 愛宕梨という名前も、愛宕山に由来しています。
 岡山県では昭和18年頃より栽培が始まり、現在は全国シェアの1位を誇っています

 主な産地は岡山市東区の西大寺地区が知られています。

旬・食べ方

 別名は貯蔵梨と呼ばれるほど日持ちするのが特徴で、11月ごろに収穫された実は12月まで成熟させてから出荷しているそうです。
 よく大きな果物は大味だといわれますが、これは愛宕梨には当てはまらず大きければ大きいほど甘みが強く、よく熟した状態になるとメロンにも似た上品な風味を持ちます。

 時期的に年末近くから流通し始めるので、お歳暮用に用いられる事もあります。 
 保管時は常温保存で、食べる量だけをあらかじめ一時間ほど冷やして食べるのが一番美味しく食べる方法だと言われています。
 -戻る-

関連リンク


写真:愛宕梨
写真提供:Photo AC

ページトップに戻る