TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市東区・西大寺地区

西大寺

地名の由来:西大寺

地名の由来

 岡山市東区の西大寺地区は、日本三大奇祭に数えられる事もある会陽で知られる寺院、西大寺の名前を地名の由来としています。
 西大寺に限らず、地域で広く信仰を集める寺院の名前が地名となるケースは多くみられます。

 ところで、西大寺地区にはサイのマスコットキャラクターがあります。
 実はサイと西大寺には大きな関係があるのです。

西大寺とサイの伝説地名の由来

 話は奈良時代にまで遡ります。
 安隆上人という人がおられ、ある時に夢で備前金岡庄の観音堂を修築するようにというお告げを受けて瀬戸内海を進んで目的地へ急いでいました。
 その途中、安隆上人の目の前に竜神が現れ、サイの角を授けました。

 普通なら「なんじゃこりゃ」で終わってしまうところですが、信心深い安隆上人はそのサイの角を大事に持ち、自ら寺を建てる際に地面に埋めておいたのです。
 その事からサイ(犀)の角を戴いた寺、転じて犀戴寺(サイダイジ)となり、いつしかその文字が変化して現在の西大寺となりました。

を貰った場所

 この伝説が起こった場所、サイの角を受け取った場所は記録に残されています。
 それが大槌島と小槌島(香川県)の間にある海域で、『槌の門』と呼ばれる潮の流れが急になっている場所です。

 伝説ではこの場所へ竜神の住む竜宮があるといわれています。



 -戻る-

関連リンク


写真:西大寺(寺院)
写真提供:岡山県

ページトップに戻る