TOPコラムコラム・岡山の企業>5.カバヤ食品

『カバヤ食品』

 岡山県に本社を置く大手企業は幾つかありますが、その中でも親しみやすい企業といえば、お菓子メーカーの『カバヤ食品』ではないでしょうか。

カバヤはカバや…

 カバヤ食品の創業は1946年です。
 岡山駅前にあった喫茶店の一角を利用して、お菓子の製造を行ったのが、カバヤ食品の始まりでした。

 戦後、まだ社会が落ち着かない時代。
 子供たちに甘いものを食べさせてあげたいという想いから始まったそうです。
 カバヤという社名は、平和なイメージを持つカバの名前から採用されています。
平和なイメージのカバ
 当時の日本人は、カバが陸上でも最強に分類される獰猛な動物だなんてことは、知らなかったのです。

 創業時は林原グループの会社でしたが、3代目社長の急逝の際に、グループから独立しています。
  

カバヤ文庫

 カバヤといえば、オマケ付きのお菓子が今も昔も人気を集めていますが、その中でも異色な存在だったのが、カバヤ文庫です。
 カバヤキャラメルというお菓子に、文庫券というポイントカードがついており、それを50点まで溜めると、カバヤ文庫という本を一冊貰う事が出来たのです。

 1952年から1954年まで、現在のように娯楽が多い時代ではなかったので、子供たちから非常に愛されたオマケだったそうです。
 またカバヤキャラメルのPRの為に全国を奔走したカバ車も人気だったとか♪
 

現在のカバヤ

 現在のカバヤはジューCさくさくぱんだなどのロングセラー商品や、食玩の精密さなどが評判を博し、お菓子メーカーの大手として、岡山県内外を問わず広く親しまれている企業になりました。
 またオマケつきのお菓子、食玩のクオリティの高さは子供のみならず大人まで夢中になる程で、愛好家から注目を集めています。

 工場見学などで観光面でも人気で、県内では住宅メーカーのエス・バイ・エル・カバヤとしても知られている、まさに県を代表する企業なのです。

所在地

岡山市北区御津野々口1100


<<前のページヘ TOPへ戻る 次のページへ>>

写真
『本社工場』(写真:googleマップ)

目 次


 -戻る-



ページトップに戻る