TOPコラムコラム・岡山の企業>6.イエローBOX

『カラオケボックスの起源・イエローBOX』

 今でも根強い人気を誇るカラオケボックス。
 団体で楽しく騒ぐ人もいれば、一人カラオケで自分だけの時間を気ままに過ごすという人もいて、楽しみ方も多種多様になってきました。
 実はカラオケボックスは、岡山発祥です。

カラオケボックスとは

 カラオケが普及し始めたのは1970年代だと言われています。
 井上大佑さんという方が作ったカラオケ用の機器が人気を博し、日本中に普及していきました。

 岡山発祥の『カラオケボックス』は、従来は飲食店などに設置されていたカラオケを、個別の空間に設置し、歌う事を目的としたビジネススタイルに置き換える画期的なものでした。
  

イエローBOX

 画期的な業態を生み出したのは、イエローBOXというお店でした。
 1985年頃に早島インターの辺りに開業しました。

 現在のカラオケボックスは一つの大きな建物の中に防音をしっかりとした幾つかの小部屋が設けてあるというスタイルが一般的ですが、当初はカラオケボックスという名称の通り、個別の箱のような部屋が敷地内に幾つも設置されているというスタイルでした。
 当時、コンテナを国際規格に合わせるようになっており、中古のコンテナが安価に入手できた為、これを利用して幾つかの小部屋が作られていました。

 昔の形態を知らない若い人にとっては、カラオケボックスという響き自体が不思議に感じるのかもしれませんね。
 

現在

 記念すべき初のカラオケボックスだったイエローボックスですが、早島インターの近くにあった店舗は既に無くなっています。
 この事から、既にお店自体がなくなっていると思われる方もいるようですが、実は移転して、営業を継続しています。

 もはや見かける事が少なくなったコンテナ型の小部屋が並ぶ、昔ながらのカラオケボックスを、今も守り続けているのです。
 カラオケと同時にノスタルジックな体験を楽しめる、貴重な店舗です。

所在地

岡山市中区江並99−1


<<前のページヘ
 TOPへ戻る 次のページへ>>

写真
『カラオケ広場本店』(写真:googleマップ)


目 次


 -戻る-



ページトップに戻る