TOPコラムコラム・岡山の事件簿>26.恐怖の眠り病

蚊

『恐怖の眠り病!?』

恐怖の眠り病

 かつて岡山県を中心に流行し、眠り病と呼ばれて恐れられていた病気があります。
 これは当時は原因不明だった日本脳炎の事です。

 発熱や嘔吐といった症状の後に、意識障害を起こして意識不明に陥ってしまう事から眠り病と呼ばれたのです。
 致死率は30%で、死に至らない場合でも脳への後遺症が残る確率が高い病気です。

林 道倫

 日本脳炎の治療に関して大きな成果をあげたのが、岡山医科大学(現在の岡山大学医学部)でした。
 原因となるウィルスや、蚊を媒体として感染することを突き止めたのです。

 その中心となった人物が、林 道倫で、岡山大学の初代学長です。
 日本脳炎のウィルスを猿へ移植するなど、後の研究の礎となる成果を挙げています。

 現在ではワクチンが開発されており、発症者は非常に少なくなっています。



<<前のページへ   TOPへ戻る   次のページへ>>

関連リンク


写真:蚊
写真提供:イラストAC


 -戻る-



ページトップに戻る