TOPコラムコラム・岡山の事件簿>25.女王丸遭難事故

事件現場周辺

『牛窓沖・女王丸遭難事故』

女王丸遭難事故

 1948年に牛窓沖で女王丸という船が沈没しました。
 女王丸遭難事故等と呼ばれる事故です。

 女王丸は大阪~多度津の航路を行く定期船でした。
 沈没の原因は操作ミスや天候によるものではなく、戦時中に設置されていた船用の爆弾である【機雷】に接触してしまった為でした。

 船員、乗客合わせて300人以上が乗船しており、その内の183人が死亡、行方不明となる大惨事となりました。

当時の状況

 1945年に終戦を迎えた後、当然に機雷の回収は行われていました。

 しかしその作業は主要な港が優先されていました。
 牛窓周辺はまだ作業が行われておらず、終戦から数年が経った事件当時でも、海中に機雷が残されている場所が残されていたのです。

 女王丸に限らず、当時は機雷に接触してしまう事故が多発していたそうです。

 本蓮寺

本蓮寺
 女王丸遭難事故に関連するスポットとして、瀬戸内市牛窓町の本蓮寺があります。
 ちょうど沈没現場を見下ろす高台に位置する寺院です。
 ここは事件の際に遺体が安置された場所です。

 境内には事故で犠牲になった方々の為の慰霊碑があり、また事故の起こった1月28日には法要が営まれています。
 法要には今でも犠牲者の遺族や、事故を知る人々が訪れて犠牲者に祈りを捧げていくそうです。


<<前のページへ   TOPへ戻る   次のページへ>>

関連リンク


写真:上・本蓮寺から見た事故現場周辺、下・本蓮寺社殿
写真提供:岡山県


 -戻る-



ページトップに戻る