TOP美作県民局エリアの地名の由来>勝田郡

地名の由来:勝田郡

勝田郡 概略

発足:1900年4月1日
含まれる町村:勝央町、奈義町

勝田郡とは?

 岡山県の北部にある勝田郡は勝央町奈義町の2町を含む郡です。
 その勝田郡は1900年に郡制が施行された際に勝北郡と勝南郡の二つの郡を統合させて誕生しました。

 実はそれ以前にも勝田郡が存在していました。
 713年に備前国の北部を分割して美作国が誕生した際にも既に存在していました。
 1601年に勝田郡を分割して、勝北郡と勝南郡に別れた事で一旦は消滅したのです。

 それが1900年に再度、2群を統合することで勝田郡が復活する事になったのです。

地名の由来

 この地名の由来は玉勝間とヤマトタケルだと伝えられています。

 玉勝間というのは、美しい籠といった意味があるそうです。
 (玉は美しいといった意味合いで、勝間が籠です)
 ヤマトタケルが、この地を訪れた際に田んぼへ櫛を入れた勝間を落としたのが地名の由来だと言われています。
 勝央町にある勝間田もこの出来事に由来している地名です。

 ヤマトタケルは、様々な武勇伝で知られ、三種の神器の一つである『草薙剣』の持ち主だった人物です。
 実在する人物であったかどうかについては否定的な意見が多いものの、現在でも様々な議論がなされています。



 -戻る-

関連リンク


写真:勝田郡(地図)
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る