TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区・建部地域

 

地名の由来:岡山市北区・建部地域

交通の要所・建部

 岡山市北区の建部地域は、『行こうか岡山、戻ろうか津山 ここが思案の福渡という文句で知られる、備前と美作の国境となる地域です。
 かつては渡し舟の発着場があり、交通の要所としても賑わっていました。

 独立した町でしたが、平成の大合併の際に岡山市へ編入されました。

地名の由来

 建部という地名は、部民制における『武部(たけるべ)だと言われています。

 武部は軍事的な部民だったと伝えられており、元々は
日本武尊(やまとたける)の功績を後々の世に伝えていくための御名代だったそうです。
 建部町にはそうした人々が住んでいたのでしょう。

 ちなみに武部が由来の地名は県内に他にもあり、吉備中央町の『竹部』なども武部に関連する地名なのだそうです。 



 -戻る-

関連リンク


写真:福渡周辺
写真:Googleマップ

ページトップに戻る