TOP備前県民局エリアの地名の由来>備前市日生町寒河

地名の由来:日生町寒河

地名の由来

 備前市日生町には、ちょっと変わった読み方の『寒河』という地名があります。
 これは『ソウゴ』と読みます。

 河へ流れている水がとても冷たかった事から、寒い河…『寒河』となったそうです。

 これとは別の説も伝えられており、この辺りは渓流が多い土地なので、沢山の川があるという意味で『十河』が転じたのではないかという説もあります。
 こちらだと十河はソゴウと読みますので、読み方も近しいですね。

 寒河を訪れた際には川の水に触れてみて、どちらの説が正しいのかと考えてみるのも楽しいかもしれません。


備前寒河駅と寒河

 兵庫県の福浦地区に『備前福河駅』という駅があります。
 この駅の名前は福浦地区の福と、寒河地区の河を一字ずつとったもので、旧福河村に由来します。
 いわゆる合成地名ですが、県を越えての合成地名は珍しいケースです。
 実は昭和38年まで、福浦地区は岡山県に属していたので、こうした合成地名があるのも不思議ではないのです。(関連リンク:福浦地区の合併騒動

 しかし元々兵庫県との繋がりが深かった福浦地区は、住民の要望もあり、兵庫県へ編入する事になりました。

 なので、岡山の地名と兵庫の地名を合成させた地名になったのです。
 また兵庫県に備前とつく駅名があるのも、その為です。


 -戻る-

関連リンク

写真:日生町寒河周辺
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る