TOPコラムコラム・岡山の事件簿>8.福浦地区の合併騒動


『福浦地区の合併騒動』

岡山県から兵庫県へ

 1963年、日生町(現・備前市)の福浦地区の一部が、なんと岡山県を離れて、隣の兵庫県赤穂市へ編入するという、世にも珍しい越県合併が行われた事があります。

 福浦地区は古くから岡山藩に属している地域でしたが、岡山と兵庫の県境沿いにあり、元々経済的な結びつきに置いては、兵庫県との関係の方が強い地域でした。
 そこで住民たちは、嘆願書を出して兵庫県赤穂市へと県境を越えた合併を申し出るに至ったのです。

 県境を越えての合併の事例は、件数こそ多くないものの実際に行われた事や、検討された事はあります。

 しかし元々属していた自治体としては、自らの区域の一部を失う事になるので面白くないですし、受け入れる側も相手側の感情に配慮する面もあり、なかなか実現に至らないのが現実です。
 福浦地区の際にも大騒動となりました。
 

合併に至るまで


 福浦地区と赤穂市の合併で問題になったのは、単純に岡山県側の地域が兵庫県へ移るという感情的な部分だけではありません。
 それに伴って漁業権の一部まで兵庫県へ移ってしまうので、地元の漁師にとっても、単に地元の地域が他県に移るというだけの問題ではなかったのです。

 地元は賛成、反対に分かれた大騒動になりました。
 暴力事件も発生したそうで、地元同士では収拾がつかなくなり、自治大臣が間に入った上で、福浦地区の赤穂市との合併を容認するものの、福浦地区の漁業権は岡山県側に残すという折衷案でようやく決着しました。

 なので現在の県境を見てみると、海の側でまるで岡山県が食い込んでいるかのような形になっています。

 福浦地区にはかつて岡山に属した名残である『備前福河駅』がある他、兵庫県ではこの地域のみ、電気の供給が関西電力ではなく、中国電力の管轄になっています。

騒動の影響

 長期間に亘った騒動の末に兵庫県と合併した福浦地区ですが、この出来事の影響を受けて、第二の越県合併の動きが県内で始まります。
 笠岡市の旧茂平村地区が、隣接する福山市との合併を希望したのです。

 茂平地区も、福浦地区と同様に県境に位置し、隣接する広島県の福山市と様々な面での結びつきが強い状態にありました。
 現在でも笠岡市は福山都市圏に含まれるなど、県を越えての結びつきの強い地域ですが、福浦が兵庫へ移った事から、自分たちも福山市と…と、考えたのだそうです。
 福山市の側への根回しも順調で、後は岡山県を納得させるだけというところにまで話は進んでいました。

 福浦の越県合併の際から、同様の動きが続いて、県の区域が次々に他県に奪われる事を懸念していた岡山県にとっては、これ以上は認める事が出来ないと、強固な反対の動きをとります。

 この合併の騒動を収めたのは、意外な人物でした。
 合併騒動の最中に県知事に就任した、県知事の加藤武徳さんです。
 この方は笠岡市出身で、知事以外にも参議院議員を務めるなどした、まさに笠岡市の名士と言える人物でした。
 その顔を立ててか、合併の騒動は収まり、茂平地区は現在も笠岡市のままです。 


<<前のページへ TOPへ戻る 次のページへ>>

関連リンク

画像
『現在の県境付近』





 -戻る-



ページトップに戻る