TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区吉備津

吉備津神社

地名の由来:吉備津

地名の由来

 岡山市北区吉備津は吉備津神社の所在地としても知られています。

 吉備津の地名は【吉備国の津】の意味であると考えられています。
 津は船着場の意味があります。
 
 ちなみに元々は真金町という自治体でしたが、高松町と合併する際に旧真金町を吉備津に改称しました。

広島県にもある吉備津神社

 先述の通り、吉備津は吉備津神社の所在地です。
 
 ところで吉備津神社が広島にあるのはご存知でしょうか?
 正確には福山市にあり、備後国の一宮です。

 元々、岡山市の吉備津神社がありました。
 吉備津神社は現在、備中国の一宮となっていますが、最初は吉備国の一宮でした。
 吉備国が3つに分割される際、新たに誕生する備前、備中、備後にそれぞれ吉備津神社を分霊することになったのです。
 備前国には吉備津彦神社、備中国は元々の吉備津神社が、そして現在は広島県の備後にもやはり吉備津神社が分霊されているのです。


 -戻る-

関連リンク


写真:吉備津神社
写真提供:プランク様

ページトップに戻る