TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市児島唐琴

天満宮ゆかりの井戸

地名の由来:児島唐琴

地名の由来

 倉敷市児島地域から玉野市方面へ抜ける国道430号線の海岸通りに『唐琴』という風雅な響きの地名があります。

 この地名はかつてこの周辺へ住んでいた百済の王女が、故郷のことを思いながら琴を奏でていたという伝説に由来するそうです。
 この伝説の真偽は判りませんが、別の説として、唐琴周辺では干潮時の波の音が、唐琴の音色に似ている事に由来するとも伝えられています。

 もしかするとロマンティストな誰かが、波の音を聞きながらそんな情景を思い描いたのかもしれませんね。
 唐琴が属していた琴浦町(現、倉敷市)の地名も、『唐琴の浦』が略されたものです。

百済の姫の伝説

 ところでこの百済の女王が伝説に登場するのは、この唐琴の地だけではありません。
 唐琴のすぐ上の山にある王子が岳の地名の由来にも百済の女王が登場します。

 王子が岳の地名の由来となる王子を産んだのが、唐琴に住んでいた百済の女王なのです。
 また、玉野市の宇藤木には唐の国から、姫様が流れ着いたという伝説も伝わっています。


 周辺は菅原道真が流された際に通った場所のひとつとされ、天満宮ゆかりの井戸も残されています。



 -戻る-

関連リンク


写真:天満宮ゆかりの井戸
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る