TOP備前県民局エリアの地名の由来>玉野市宇藤木

宇藤木

地名の由来:宇藤木

地名の由来

 玉野市の児島富士とも呼ばれる常山の麓辺りに『宇藤木(うとうぎ)』という地名があります。
 これはある伝説に基づく地名だと言われています。

 かつてこの周辺一帯は海になっており、そこへ唐の国からうつろぎ舟(独木舟のこと?)に乗ったお姫様が流れ着いたといわれています。

 その出来事から、うつろぎ船が転じて宇藤木の地名となったのだそうです。

倉敷にも伝わる姫の伝説

 この舟で流れ着いたというお姫様の伝説は倉敷市の地名とも関連を見せています。
 倉敷市の児島唐琴町の地名は、百済のお姫様が故郷を思いながら唐琴を奏でていたと言う伝説に基づいているのです。

 王子が岳の地名の由来も、その地で百済のお姫様が子供(王子)を生んだ為といわれています。
 こうして関係のありそうな地名を並べてみていると、宇藤木に舟が流れ着いて…というのも、ただの伝説ではなく、事実だったのかな?と思えてきますね。



 -戻る-


写真:宇藤木の風景(常山)
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る