TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市玉島阿賀崎

地名の由来:玉島阿賀崎

地名の由来

 倉敷市の玉島地域に阿賀崎という地名があります。
 読み方はアガサキです。

 この地名の阿賀は元々は【閼伽(あか)】の事です。
 閼伽とは仏教の用語で、仏前などに供える水の事でご飯やお花などを含む六種供養の一つで、阿伽とも書きます。

 阿賀崎はかつて慈覚大師・円仁が彫った仏像に供える水を汲んだ場所だった事から、阿伽崎(あかさき)と呼ばれるようになり、後に現在の阿賀崎に転じました。

阿賀崎と柏島・本覚寺

 円仁が閼伽を供えた仏像は、玉島柏島にある本覚寺の本尊です。
 柏島の地名の由来にもなっていると伝えられる霊木の柏を削って、円仁自身が彫った十一面観音です。

 二つの地名には繋がりがあったのですね。



 -戻る-

関連リンク


写真:玉島阿賀崎の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る