TOP岡山の観光地岡山のパワースポット>太老神社

社殿

競馬神事の大浦神社

詳細

祭神:応神天皇、中哀天皇、神功皇后
別名、愛称
八幡様
所在地:浅口市寄島町7756
駐車場:あり
参拝は24時間可

競馬神事の大浦神社

 浅口市の大浦神社は世にも珍しい競馬神事で知られる神社です。
 かつて三郎島にあった神社を現在地へ移転した際に、地頭株と領家株が20頭ずつの神馬を参列させた事に由来する神事です。
 参道の途中には神馬の像もあります。

神馬
 秋祭りの際に地頭、領家から1頭ずつの神馬を持ち寄り、馬の競走を奉納しています。

 神社の起源は三韓征伐から神功皇后と応神天皇、そして武内宿弥などの家臣達が戻ってきた際に三郎島に船を着けて天神地祇を奉祀したという出来事にあります。
 それ以降、三郎島は霊地として知られるようになったそうです。
 997年、その地に安部晴明が応神天皇、中哀天皇、神功皇后を祭神として祀りました。

 社名は1869年までは八幡宮だった為、現在でも八幡様と呼ばれる事があるそうです。

勝守・本殿

 大浦神社では勝守というお守りを入手する事が出来ます。

勝守

 勝負、商売、勉強、恋愛…何にでも勝つ!という力強いお守りです。
 競馬神事を連想させる、逞しい馬のイラストが凛々しいですね。

 こちらは通信販売も可能ですが、出来れば立派な社殿も含めて実際に参拝して入手したいところですね。
 境内には県下最大級とされる本殿があります。
本殿
 2015年に屋根の葺き替え工事が行われており、とても綺麗です。
 そして見上げる程に大きく立派な社殿です。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:拝殿、神馬の像、勝守、本殿
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る


00.