TOP岡山の観光地岡山のパワースポット>古城山稲富稲荷神社

古城山稲富稲荷神社・拝殿

驚きの参道・古城山稲富稲荷神社

詳細

所在地笠岡市笠岡2363
愛称:稲富宮
駐車場:県道60号側の参道入り口に駐車可能
市指定:重要文化財(拝殿、本殿)

古城山稲富稲荷神社

 笠岡市の古城山の中腹に古城山稲富稲荷神社という神社あります。

 神社の創建は1555年の事です。
 戦国武将・村上隆重が笠岡城を築城する際に、その守護として祀ったのが始まりです。

 拝殿と本殿が笠岡市の重要文化財に指定されています。
 拝殿は1819年に、本殿は1845年に建てられており、拝殿は深い朱の色が特徴的な非常に優美な建物です。

圧迫感のある参道!?

 古城山稲富稲荷神社は優美な社殿だけではなく、参道も非常に特徴的です。
 それがこちらです。

古城山稲富稲荷神社の参道

 鳥居の奥に続く階段が神社へ向かうための参道ですが…違和感がありませんか?
 この参道はなんと下は山陽本線の鉄道、上は県道に挟まれているのです。

道路と鉄道に挟まれた参道

 道路の真下はこんな感じで、かなりの圧迫感です。
 自動車と電車が同時に通過すると、かなりの騒音がします。

 由緒正しい神社だけに参道を移動させるような事はしなかったのでしょうが、道路と鉄道に挟まれた参道というのhも非常に珍しいでしょうね。

マップ



 -戻る-

関連リンク


写真:古城山稲富稲荷神社
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る


00.