TOP岡山の観光地岡山のパワースポット>縁の末社(最上稲荷内)

縁の末社

縁切り・縁結びの縁の末社

詳細

祭神縁切り・最正位離別天王、縁結び・最正位縁引天王
所在地
岡山市北区高松稲荷712(最上稲荷内)
駐車場:有り
(※駐車場は有料、無料があるが、繁忙期、行事の際は全て有料。要確認)

縁の末社とは

 岡山市の最上稲荷の境内に、縁の末社という二つの社が並ぶ場所が有ります。
 位置的には現在の本殿と、旧本殿の中間くらいです。

 ここは縁切りと縁結びの両参りが出来る事で知られています。
 まず今あるしがらみなどの悪い縁を断ち切ってから、良縁を授かります。

参拝方法

 縁結び、縁切は下記の流れで行います。

縁切り

 まず向かって左側の縁切りより始めます。

 先に鳥居の横にある縁切り札を取り、そこへ願い事を書き込みます。
 それを持って正面の鳥居をくぐり、最正位離別天王のお社へお参りします。

 更にその後方にある縁切撫石へ向かいます。
 先ほど書き込んだ縁切り札を両手に持ち、石の周りを時計回りに一周します。
 終わったら、縁切り札を二つに折り、右手で縁切撫石に触れて石に願いを込めます。
 そして縁切り札を奉納所(石の後ろ)に奉納し、左手側にある白潜り鳥居から、敷地外に出て行きます。
 これで縁切は完了です。

縁結び

 再び正面側に戻り、今度は鳥居の横にある縁結絵馬を取り、願い事を書き込みます。
 それを持って正面の鳥居をくぐり、右側の最上位縁引天王へお参りします。

 縁切の際と同様に、後方にある良縁撫石へ向います。
 両手で絵馬を持つ所までは同様ですが、今度は反時計回りに一蹴します。
 そして左手で石に願いを撫で付けます。
 
 その後、後方にある絵馬奉納所へ願いを書き込んだ絵馬を奉納し、右手側にある赤潜り鳥居から敷地外へ出て行きます。

 これで一通り終了です。


マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:縁の末社
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る