TOP岡山の観光地岡山の珍風景>足のある人魚

足のある人魚

倉敷駅前・足のある人魚

詳細

所在地:JR倉敷駅前(アンデルセン広場)
営業時間:見学は24時間可
駐車場:周辺に有料駐車場有り


足のある人魚

 倉敷駅前のアンデルセン広場の時計台の辺りに、足のある人魚の像があります。
 ご存じない方だとただの裸婦像だと思った方もおられるのではないでしょうか?

 人魚像はデンマークにある人魚像の80%のサイズのレプリカです。
 元々は廃業した倉敷チボリ公園に飾ってあったのです。

 人魚姫の物語の中で、人魚が人間の足を手に入れる薬を飲むシーンはありますが、この像は決してそのシーンを意識しているわけではないそうです。
 人魚に足があるのは、単にモデルの足が綺麗だったからだそうです。

 ちなみにモデルになったのは俳優の岡田真澄(故人)さんの伯母です。

アンデルセン広場

 ところで人魚の像が置かれている、アンデルセン広場。

アンデルセン広場
 倉敷チボリ公園に合わせて整備された駅前の広場で、公園が無くなった今もチボリ風の光景が色濃く残されています。

 倉敷チボリ公園は岡山県の単独事業でした。
 そしてアンデルセン広場は倉敷市が整備した場所です。

 なのでチボリ公園が廃業も広場には関係なく、設備が撤去されたり変更されることがないまま、現在もそのまま残されているのです。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:上・人魚姫(チボリ時代)、下・アンデルセン広場
写真提供:プランク様

ページトップに戻る


0


i