TOP岡山の怪談>鷲羽山スカイライン

イメージ

鷲羽山スカイライン・料金所の骸骨

鷲羽山スカイラインの骸骨とは

 岡山県道393号鷲羽山公園線、鷲羽山スカイラインは元は観光向けの有料道路でした。
 1970年~1995年3月31日までの間が有料で、料金を徴収する為の料金所がありました。

 夜間は無料開放されており、料金所は無人になりました。
 …しかし、夜に人影を見たという噂があったのです。
 しかもただの人ではなく、骸骨だったというのです!!

 また鷲羽山スカイラインには夜中の道を走る首なしライダーの話も伝わっています。
 

その正体は…!?

 前述の通り1995年に無料開放され、料金所も撤去されました。
 料金所の骸骨の係員も時期を同じくして忘れ去れてしまいました。不思議と料金所がなくなった後、その付近に骸骨がいたり徘徊しているという噂は立ちませんでした。

 料金所と共に消滅したのか、 それとも新たな料金所へ転職(?)したのかは不明です。
 
 首なしライダーはかつて銀狼怪奇ファイルというドラマでネタバレされていました。
 深夜、黒いヘルメットにより、首の部分が見えなくなる…名付けて、ブラックマジックです!!


 -戻る-

関連リンク


写真:イメージ画像

ページトップに戻る