TOP岡山の怪談>キューピーの館

イメージ

怪奇・キューピーの館

キューピーの館とは

 岡山市北区の山中に、キューピーの館と呼ばれる建物があります。

 草木が茂る細い道を歩いていくと、途中で廃屋のように見える建物に行き着きます。
 その建物の中を見ると…、なんと無数の赤子の人形が散乱しているのです。
 壁に、天井に、そして落ちてしまったのか床に…たくさんの赤子の人形が有ります。

 キューピーの館とは、赤子の人形が大量に有ることから名付けられた名称です。

その正体は…!?

 建物の内部を見ていると、一つ気づくことが有ります。
 それはキューピーの館と呼ばれる建物が宗教施設であることです。
 人形が集中している辺りに、祭壇と思われる壇が残されているのです。

 そして大量の人形も決して闇雲に集められ、吊るされたのではないようです。
 一つ一つに日付と名前が入れてあります。

 こうした事から、キューピーの館は水子供養を行っていた宗教の施設だったのではないかと考えられています。
建物への侵入は決してしないようにお願い致します
 


 -戻る-

関連リンク


写真:イメージ画像

ページトップに戻る