TOP岡山の怪談>国道沿いの廃病院

イメージ

国道沿いの廃病院

岡山市・国道沿いの廃病院

 岡山市から海を渡り高松市まで続く国道30号沿いに、県内では有名なスポットの廃病院があります。
 中に入ると医療器具が散乱しており、様々な怪奇現象が…!と言う割には、中に入った様子を伝える人も、侵入したという写真なども一切ありません。

 この病院の建物は現在も警備システムが生きて管理されており、また厳重に出入り口が封鎖されている為に、そもそも中に入る事が出来ないのです。
 尚、管理をしているのは隣にある病院と同名の薬局の方です。
 無理に隠れて進入しなくても、薬局の第二駐車場として病院の敷地が使用されているので、その薬局で買い物をするついでなら、割と近い場所から外観の見学は可能です。

 しかし無理やりに内部に侵入しようとすれば、すぐに警備会社に連絡が入るので、心霊現象よりも恐ろしい現実的な問題に直面することになります。

その正体は…!?

 この病院の噂は実は二つの病院が一つになって出来上がった物ではないかと考えられています。

 かつて前述の病院の近くにもう一つ廃業した病院跡の建物が存在しており、そちらは確かに医療器具などがそのまま残されており、物々しい雰囲気が漂っていたそうです。
 …が、この建物は既に取り壊されています。
 この建物の噂だけが生き残り、やがて近くで廃業した別の病院の事として広まったようです。
 現在でも残る国道沿いの病院に対し、しばしば「既に取り壊された」という誤った情報が流れるのも、元々の噂の出所である病院が取り壊された事と合致します。

 また前述の病院の営業期間は非常に短く、「何かあったのではないか」と勘ぐった人がいた事も、その事を助長させたのではないでしょうか。
 心霊の話題は噂が錯綜しやすいところがありますが、まさにその典型のような話なのでした。

あれ、人がいる!?

 ところでこの病院の怪談話には、ちょっとした笑い話があります。
 実は同名の医療機関が割りと近い場所に存在するのです。
 心霊スポットとされた方が○○病院で、もう一つの方が○○(同名)医院です。

 誤ってこちらに向かってしまった人がいるそうで、どうにか忍び込もうと思ったら現役で利用されている様子があり、大変に驚いたのだそうですよ。

※前述のように、警備もされている建物ですので不法侵入などはしないようにお気をつけください。



 -戻る-

関連リンク


写真:イメージ画像

ページトップに戻る