TOP岡山の食べ物岡山のお菓子編 >進水久寿玉

久寿玉

進水久寿玉

進水久寿玉

● 岡山県ではこう呼ぶ!
・進水久寿玉、久寿玉
● 販売場所
・玉野市、やまもと製菓
● 備 考
三井造船の進水式の際のくす玉をモチーフとしたもなか

進水久寿玉

 玉野市のやまもと製菓というお菓子屋が【進水久寿玉】という最中を製造しています。

 同社があるのは、玉野市の玉地区です。
 三井造船の工場のまさにお膝元にあるお店で、進水久寿玉もそれに由来したお菓子です。

進水久寿玉
 くす玉といえば、お祝いの際に割って中からメッセージが書かれた垂れ幕が下りてくる…という物がよく知られていますが、お菓子がモチーフにしているのもそのくす玉です。

 三井造船で船が完成すると、工場にて進水式が行われます。
 その際に割られるくす玉と掛けているのです。

どんなお菓子?

 くす玉はまん丸な形をした最中です。
 まるで本物のくす玉のようなフォルムで、綺麗な模様も入っています。

 ちなみにくす玉は縦に割れますが、お菓子の進水久寿玉は横に割れます。

久寿玉の中
 すると中はこのような感じで、ぎっしりと餡子が詰まっています。
 上品さなんて気にせずに、思い切って一口で頬張ってしまいたい一品です。


 -戻る-

関連リンク


写真:進水久寿玉
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る