TOPコラム>備中松山城を踏破する7

サルへの注意文。これは城主からじゃない。

高梁のサル

サルにご用心

 ゴールが見えてきて俄然やる気になったところで、新たな立て札がっ!
 城主からのメッセージに心躍らせていると…、違いました。
 これは城主からではなくて、高梁市からの猿に対する注意書きです。
 周辺は国指定の天然記念物である『臥牛山のサル生息地』としても知られています。
 さすがに寒い雪の中をうろつこうと言う猿は居なかったようで、この日の行程でサルを見かける事はありませんでした。
 ちなみに、僕の人生の中で始めて野生の猿を見かけたのは臥牛山のお猿さんでした。

 この注意書きには、
『一、石や棒でおどかさないこと
 一、手をさしだしたりからかう行為をしないこと
 一、たべものを与えないこと
 一、持ち物(特に紙袋)は猿の目にふれないようにすること
 一、猿と目をあわさないこと』
 …と書いてあります。

 車で来る方は持ち物を車内に置いて、歩いてくる方も出来る限り荷物を纏めて訪れるようにして、後は無視を決め込めば良いという事でしょうか。
 城内ではお土産物の販売は無いので、そうすれば何かを狙われる心配は無さそうですね。

城主の伝言6

城主ーーー!!
 本物の城主のお言葉はこちらです。
 ワタクシメは猿の注意も城主から欲しかったですっっ!

『よくぞ
 まいられた』

 あぁ…、なんという達成感
 あなたの言葉に勇気付けられて、何とかここまで来ることが出来ましたっ!
 …と、感動もヒトシオなのですが、城主からのメッセージはここで終了です。
 後は松山城跡を見て回る事になります。

 正直、寒いしびしょ濡れだし、帰り道怖いし…で、ここまでで帰ってしまいたいくらいの心境でしたが、それも勿体ない。
 今の僕には進むしか選択肢がありません。

<<前の記事  TOPへ戻る  >>次の記事
写真撮影:岡山の街角から



目 次

写真撮影:岡山の街角から


 -戻る-



ページトップに戻る