TOPコラム岡山の著名人>おきた姫

おきた姫

『沖田神社のおきた姫』

解説

 岡山市にある沖田神社の祭神の中に、おきた姫という女性が含まれています。

 彼女は沖新田の干拓工事の際に、自ら望んで人柱になった"きた"という女性です。
 死後、沖新田の産土神・おきた姫として祀られました。

 当時の工事の責任者は、岡山藩で多くの土木工事を手掛けた津田永忠でした。
 しかし彼が工事の際に人柱を用いたとする記録は残されておらず、おきた姫の実在性は確かでは有りません。



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る