TOPコラム岡山の著名人>熊沢蕃山

熊沢蕃山

『蕃山の昼行灯』

解説

 陽明学者の熊沢蕃山は、岡山藩主・池田光政に重用されて藩政の改革を手がけました。
 しかし大胆で斬新な熊沢蕃山の手法は、一部の保守的な家老と徐々に対立していくようになっていきます。

 そして最終的に熊沢蕃山は追われるように岡山藩での職を辞して城を去ってしまいます。

 この時に彼は『蕃山の昼行灯』と呼ばれる過激なパフォーマンスを行っています。
 まだ明るいと言うのに提灯に火を灯して町を歩いてみせたのです。

 この奇行には「岡山藩はこんな馬鹿ばかりだ」という皮肉が込められていたのだそうです。



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る